あわせて読みたい記事

夫婦

オンテックスの室外工事

オンテックスで扱っている外装工事の一例を紹介しています。建物の外装工事を検討している人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

READ MORE

ニーズに合わせた工事

オンテックスでは、様々な室外工事に合わせて塗装剤も製造しています。そのため、ニーズに合わせた施工を行なうことができます。建物を長く使用していくためにも、早めの室外工事を依頼しておくと安心です。

建物を綺麗に保つ室外工事

エクステリア
室外工事を依頼する 日本は多雨多湿となっていて、世界的にも建物が劣化しやすい環境といえます。そのため建物を、建築当初のような外観に修繕してくれる室外工事の需要が高くなっています。需要が高い分企業も多く、どこに依頼をすればいいか迷うこともあるでしょう。室外工事を行うのであれば、オンテックスが最適です。
安心して工事を依頼できる仕組み作り オンテックスは、適正価格と正しい工事、安心感による消費者保護の観点から、お客様が安心して工事を依頼することができるようにしています。法外な値段を取ることなく、技術力の確かな人員を育成して現場に送り込んでいます。
工事の相談からアフターフォローも万全 電話でのお客様相談室を開設しており、工事の相談から施工完了後の相談まで、お客様の立場にたって幅広く対応しているというところも、オンテックスの大きな魅力でしょう。建物をより良いものにしていくための提案なども行っています。
ニーズに応えた商品開発 オンテックスは建築塗材メーカーとしても活躍していて、塗装剤や工法を自社で開発しています。踏み込んだお客様の要望に応えるため、日々技術を駆使してより良い物を開発できるよう尽力しています。

工事の期間

施工する内容によって様々で、1日で完了するものもあれば1ヶ月前後必要とする場合もあります。足場を作成して行う施工の場合は、少なくとも1週間以上の時間はかかります。

室外工事によくある質問

壁を触ると白い粉がつくが外壁塗装が必要か

外壁などを触ると白い粉が付いてしまう原因は、表面の塗膜が劣化し防水効果が薄れているためです。放っておいてしまうとヒビ割れや浸水などの原因となってしまうため、外壁塗装を検討したほうがいいでしょう。

外壁の細かいヒビなども直るか

ヒビなどがある場合は、まず下地の補修を行います。その後で洗浄をして下地を塗り、既存の塗料との吸着力を強めてから主材を塗ります。そのため、細かいヒビなどは目立たなく改修できます。

屋根と外壁に塗装の違いはあるか

建物の中でも、屋根は雨ざらしで直射日光を防ぐものもないため、一番経年劣化が早い部位となります。そのため、外壁よりも耐性が強い塗料を利用しています。

養生とはなにか

窓ガラスなどの塗装工事をしない場所や、塗装ができない場所に塗料が付着しないために、ビニールの部材で覆うことを養生といいます。

雨の日なども作業するのか

雨の程度によって変わりますが、少量の雨の場合でも工事は行います。しかし、その後に大きく天候が崩れる可能性がある場合には、安全面を考慮して工事を控える場合もあります。